忍者ブログ

エムズタイヤ~神戸の持ち込みタイヤ交換~

神戸市で持ち込みタイヤ交換はエムズタイヤへ タイヤ交換作業日記、日常、政治問題、グルメetc

日本ブルーリボンの会からのメールより【転載】

今年も余すところわずかとなってまいりました。

日朝間で話し合いが進むのでは!?との期待から
本年後半には拉致問題において

何らかの目に見える形での進展があるのでは
との期待が寄せられましたが

結局、全く何の進展もみないまま
年末を迎えることになってしましました。

拉致被害者と御家族の心中を想いますと
本当に発すべき言葉もございません

過日、本会支援者から有本御夫妻に寄せられた
激励の言葉の数々を携え

御夫妻宅を訪問させていただいた折
直接お話を伺うことができました。

有本さん御夫妻がいつも話されるお話の中には

拉致問題にある
深刻な国家的問題の本質が凝縮されています。

御承諾を得て
お話を抜粋の上2つに分け音声動画をアップしました。

http://www.nippon-blueribbon.org/work/braodcast


『”拉致”は戦後の日本の象徴的な悲劇』
だから
『拉致救出のためにも
戦後体制を変えなければ解決しない!』

この拉致問題の急所ともいえる根本的な認識と課題を
当会は当初より『拉致救出・支援、国なおし!』というスローガンを掲げ
訴え続けてまいりました

多くの本会支援者の皆様方におかれましては
是非とも御夫妻のメッセージに耳を傾けていただき
改めて御確認いただきたいと存じます。

そして、お一人でも多くの
拉致問題の本質についての御認識いただける方々の輪を広げるべく

さらなる御支援賜りますよう心からお願い申し上げます。

最後に、来年こそは
目に見える形での進展があるよう願い、祈る次第です。
PR